Reports レポート

ニフティクリエイティブデザイン部の部員が参加した、「セミナー」や「展示会」のレポートです。

アイコン画像

担当- 赤池 智美

日付- 2013年03月08日

SMW:人の心に残る「物語」

ソーシャルメディアウィークとは?

2013年2月18日~22日まで、ニューヨークをはじめ、世界10都市で
同時開催された「ソーシャルメディア」を考える巨大イベントが「ソーシャルメディアウィーク」です。
初のイベント開催から4年目の今年のテーマは「オープン&コネクテッド=開かれて繋がる」。
世界をよりコラボレーティブにしてゆく7つのキーワードを主軸にし様々なカンファレンスが行われました。
※開放性、包括性、透明性、協同、共創、連携、アジリティ

数多くのカンファレンスのなかで、イベントに参加したクリエイティブデザイン部員の多くがチョイスしたのは、2月20日に行われた
物語とソーシャルメディア」の回でした。広告業界の人たちが語るソーシャルメディアについての講演です。
こちらの回について、カンファレンスの概要と、参加者の感想を掲載していきたいと思います。

■人の心に残る「物語」 / 赤池(デザイナー)
■CMプランナー 高崎卓馬さんの言葉 / 鈴木(デザイナー)
■消費者への「伝え方/伝わり方」 / 村上(ディレクター)
■メディアの特性に気づくこと / 柳沼(ディレクター)

■ゲストの経歴

・杉山 恒太郎さん
代表取締役 副社長 クリエイティブディレクター
株式会社ライトパブリシティ
今回紹介されたCM「ぴっかぴかの1年生」「サントリーローヤル」など

・高崎 卓馬さん
コミュニケーション・デザイン・センター エグゼクティブ・クリエーティブディレクター / CMプランナー
株式会社電通
今回紹介されたCM「オランジーナ」「行くぜ!東北」など

・原野 守弘さん
代表/クリエイティブディレクター Creative Director/Founder
株式会社もり Mori Inc.
今回紹介されたCM「docomo TOUCHWOOD」など

全員有名なCMを手掛けたという共通点があり、各人のCMが紹介されました。
次々に紹介される数十秒のCMが、とにかく面白い。それだけでも結構魅了されてしまいました。

CMって短い映像のなかで魅了されるものがたくさんつまっているのだなあ…とまず感じました。
それが今回みなさんが大事にされいる「物語」というキーワードに繋がってきます。

■本当の「いいね」を求める

3人の経歴とCMの歴史がざっと紹介されたところで、広告とソーシャルとの関係に話が及びました。
今広告上でクリエイティブな活動をするのに「いいね!」やソーシャル上の拡散は無視できない、気になるのが現状だそうです。
拡散されたことがひとつの制作物への指標になったりしてしまいます。

けれど、実際「いいね!」されているものって「え、これでいいね!ってされるものなの?」という内容や制作物。
みんなが思う「いいね!」と心に残っていく広告の指標には差があることに最近気づいたんだそうです。
数字集めを目標にしたクリエイティブを行うと、本当の意味でのいいものは作れないと高崎さんがおっしゃっていました。

■人の心に残る「物語」

「いいね!」が指標になってしまいがちな流れのなか、杉山さんが昔聞いた言葉でよく覚えているのが
「コンシューマーを相手にするな、人間を相手にしろ」というものだったそうです。

人間の心に残るものをクリエイティブの目標とする。そのためにCMに必要となってくるのが「物語」だそうです。
「物語」は人に「体験」をしてもらうことができる。
広告という単なる情報でなく、体験は記憶に残るので「物語」を大切にすると高崎さんはおっしゃっていました。

その「物語」というキーワードをもとに紹介された3人のCMを思い出すと
確かに、どれもCM前後の人物の動きや情景などが想像できる、立派な「物語」となっていることに気づきます。

「物語」を大事した心に残る広告のほうが「いいね!」の数より広告の世の中のための役割が果たせるという結論でした。
また、「物語」を人の心に残すのに「言葉」は非常に大事で、ナレーションやコピーでバイラルしていくのは体感としてあると
高崎さんと杉山さんはおっしゃっていました。

さらに、ソーシャルでバイラルさせていくには情報をすべて提示しておくより、
わざと正体を隠して広告を打ったほうが一般の人の話題になる、という現象もあるそうです。
「自分で発見した!体験した!」という経験が人に波及していくきっかけになるとのことでした。

■まとめ

CMという映像の形のなかで今回話が進んだため、「物語」という言葉が重要視されていましたが
その次の「体験」という言葉はWebでも大事になってくる要素かと思いました。
Webのコンテンツを通して、人の心に残るどのような「体験」を作るか。
それは私たちが気にしないといけないとこだな、と今回のセッションを通して感じました。