Reports レポート

ニフティクリエイティブデザイン部の部員が参加した、「セミナー」や「展示会」のレポートです。

アイコン画像

担当- 村上 大樹

日付- 2013年03月08日

SMW:消費者への「伝え方/伝わり方」

ソーシャルメディアウィークとは?

2013年2月18日~22日まで、ニューヨークをはじめ、世界10都市で
同時開催された「ソーシャルメディア」を考える巨大イベントが「ソーシャルメディアウィーク」です。
初のイベント開催から4年目の今年のテーマは「オープン&コネクテッド=開かれて繋がる」。
世界をよりコラボレーティブにしてゆく7つのキーワードを主軸にし様々なカンファレンスが行われました。
※開放性、包括性、透明性、協同、共創、連携、アジリティ

数多くのカンファレンスの中で、イベントに参加したクリエイティブデザイン部員の多くがチョイスしたのは、2月20日に行われた
物語とソーシャルメディア」の回でした。広告業界の人たちが語るソーシャルメディアについての講演です。
こちらの回について、カンファレンスの概要と、参加者の感想を掲載していきたいと思います。

■人の心に残る「物語」 / 赤池(デザイナー)
■CMプランナー 高崎卓馬さんの言葉 / 鈴木(デザイナー)
■消費者への「伝え方/伝わり方」 / 村上(ディレクター)
■メディアの特性に気づくこと / 柳沼(ディレクター)

■全体として

人間は感情の生き物で、そこを揺り動かすために
「物語」という手段が有効なのだなと感じました。

どんどん技術が発展していき、合理性が追求されていくように感じるけど、
人間は機械じゃないし、何でも言葉や理屈だけで割り切れるわけではない。
そんな言語化できないような、心の機微を伝えるものが作れれば
(そこが大変なんだけど)、広告主や制作者の想いは消費者に伝わり、
化学反応を起こし、行動に至らせることができるんだな、と。

ただ、去年の「ソーシャルなキャンペーンってどうでしょう?」に比べると、
制作についての想いや大事にしていることが、思ったより聞けなかったのが残念でした。

■「広告の仕事」

「My First Aomori」のCMでは、「広告の仕事」という言葉が印象に残りました。

代理店(電通)だから当たり前なのかもですが、そもそものお題が大きく、
CM含め、たくさんのメディア/方法の中から、
最適なメディア/方法を選んで広告を考えることができる。

ただ、それゆえにそのプロジェクトの背景や広告主の状況、想いを考え、
本質的な課題を突き詰めないと、「いい広告」にはなり得ないのだなと痛感しました。
(電通じゃなくても、やり方や考え方は同じなので、そこは学びになりました)

主人公のあだ名を出身地「トーキョー」と呼ばせたりすることで、
東京に住む人に語りかけているあたりが非常に練られているなぁというのと、
それを映像や音楽に乗せて、すっと自然に伝わるようになっているのがすごいです。

調べたんですが、青森までの東北新幹線は整備計画ができてから、
38年経過していたんですよね(2010年当時)。

青森県はずっと新幹線のない県だったようで、
県民の人は鬱屈とした想いを抱えていたかもしれない。

その背景を把握していて、まずは「青森っていいな」というイメージを
植え付けたかったのかなと想像しました。

■コピーの重要性

たくさんの作品を紹介していましたが、
コピー/言葉を巧みに使っていたのが印象的でした。
高崎さんは電通入社して5年コピーを超勉強して、
武器にしたそうなので、その辺の流れが出ていたのかもしれません。

中でも、杉山さんのサントリーのウイスキーローヤルCMで、
ナレーションの「あんな男、ちょっといない」という
コピーワークがすごく効いているなと思いました。

ウイスキーを選ぶときに
「ほかのウイスキーとは違うものを選んでいる自分=そこら辺に"ちょっといない男"
と伝わるようにできている点がよくできているなと。

と同時に、この「伝え方/伝わり方」は今にも通じるところがある、
とも感じました。
「Appleを選んでいる自分=おしゃれ、センスいい」みたいな
消費者へのイメージの刷り込みと似ているように思います。

高崎さんが今も昔も広告作りの根幹、大事なところは変わらない、
と言っていたのはそういうコピーの重要性だったり、
消費者への伝え方とその選択だったりするのかな、と思いました。