mockup

2012年8月号

mockup8月号
言葉の花火

自由研究

言葉の花火

8月の自由研究制作は、夏の風物詩「花火」を使ったFacebookアプリです。
うれしいこと、悩んでること、怒りや喜び、今日あった出来事や誰かに伝えたいメッセージ…。
「言葉の花火」はあなたのどんな思いも花火にして夜空に打ち上げます。
Facebookの友達と「言葉の花火」を共有しよう!

詳細を見る

今月のあれこれ

  • 今月のテーマは「音楽」

    こんにちは。フロントエンジニア見習いの河原崎です。

    さて、これを読んでいただいている皆さんは音楽とどういう付き合い方をしているでしょうか?

    音楽というものに対する思いや聞き方、関心度合いは人それぞれですが、「音楽」というものが僕たち、人間に与える影響はことのほか大きいもの。

    そんな「音楽」を今月のあれこれのテーマとして、皆様の素敵な音楽ライフのお手伝いができたらいいな思います。

    アイコン画像

    担当:河原崎
    (フロントエンジニア見習い)

  • 無料で音楽が聞けるストリーミングサイト

    Last.fm

    無料で音楽が聞けるストリーミングサイト「Last.fm」。

    このサイトはユーザーの音楽の趣味(お気に入り登録している、または最近聞いたアーティスト・楽曲)に合わせたアーティストや楽曲を紹介してくれる機能があり、自分の好きな音楽の深掘りができるサービスになっている。

    また、SNSの機能もあるので、気の合う仲間とコミュニケーションを取ることもできる。
    さらに「Scrobble」という機能があり、専用のアプリと連携するとPCやiPodで聞いた楽曲がLast.fmに送信され、プロフィールページに表示されるため、他のユーザーがそれをチェックすることもできて、他のユーザーとコミュニケーションを取りやすくしてくれる。

    自分の音楽の趣味をどんどん広げられる素晴らしい機能が揃っているので、サイトにかじりつきすぎていつの間にか何時間も経っていることも。。。


    SOUNDCLOUD

    SOUNDCLOUDは楽曲のアップロード、シェア、配信が簡単に行えるサービス。

    アップロードされた楽曲は楽曲毎の専用ウィジェットで様々なサイトに貼り付けることが可能。
    指定した再生時間にコメントを投稿することも可能で、吹き出しとなって表示されるので、楽曲に対するユーザーの反応を見るの面白い。

    このサービスには、ポール・マッカートニーやマドンナ、ビョークなど有名アーティストのアカウントが登録されている。彼らの楽曲やそのリミックスなども多くアップされているため、いろんな角度からアーティストの楽曲を楽しめるのが魅力のひとつ。
    また、アーティストによっては無料ダウンロードできる楽曲もあるので、ダウンロードアイコンをお見逃しなく!

  • 小ネタ満載の音楽情報サイト

    @nifty ミュージック

    @nifty ミュージック トップ画面キャプチャ

    @niftyでも音楽情報を配信している。一般的なJ-POP関連の記事から世界的アーティストのニュース、ゴシップまで。

    この「@nifty ミュージック」は新譜のリリース情報よりもゴシップや小ネタが多く、たくさんの記事を飽きずに楽しく、さらにはあまり興味のないアーティストの情報まで読ませてしまう、なんとも画期的な音楽情報サイトになっている。

    ここ最近でいちばん面白かった記事は、「ピート・ドハーティ、タイのリハビリ施設から追い出される」。ロック好きの自分としてはピート・ドハーティが早く薬物中毒から抜け出して、是非リバティーンズには復活してもらいたいところ。

  • インディーズアーティストプロモーションサイト

    audioleaf

    インディーズバンド視聴サイト audioleaf

    インディーズからアマチュアまで国内最大級のアーティスト登録数を誇り、様々なジャンル、アーティストの楽曲が聞ける。

    ユーザーはもちろんのこと、アーティストも無料でサイトに登録でき、自由に楽曲を配信できるのが魅力。

    オーディション情報や、レコーディング支援、楽曲の販売、レコーディングに関するコラム、メンバー募集機能などアーティストに必要な情報や支援サービスが豊富で、アーティスト目線のサイトの作りになっている。


    indiesmusic.com ※リンクを開くと音楽が流れます。

    indiesmusic.comは、インディーズアーティストの新譜レビューをメインに、サイト側がおススメのアーティストや楽曲紹介に力を入れている。
    そのレビューも詳細に書かれているので、読んでいてそのCDが聞きたくなることもしばしば。
    ユーザーからのレビューは気になる作品を買う時の参考になる。

    サイト内で視聴もできるし、気になったらすぐにCDを買うこともできるので便利。かっこいい曲に出会ったら直ぐCD買ってしまいそうだ。

  • 楽器アプリ

    PocketGuitar

    楽器が演奏できない人、楽器を持ってない人でもいつでもミュージシャンになれる、楽器アプリ。

    このPocketGuitarはギター4種、エレキベース、ウクレレと計6種類の音色が切り替えられる。iPhoneとギターでは握った感じは違うが、疑似体験できて面白い。

    iPhoneやiPadを楽器として使っているアーティストも増えているし、スマートフォンの音楽系アプリはライブ、音楽制作に欠かせない存在になりつつあるようだ。

  • 楽器練習支援アプリ

    Tuner&Beat Master

    iPhoneでチューニングできてしまう便利なアプリ。しかもメトロノーム機能も付いているという優れもの!

    僕はベース弾きなのだが、僕たち楽器演奏者にとって楽器を弾く時にまず気にしなければならないのが、チューニング。
    僕のように絶対音感を持ち合わせていないミュージシャンにオススメ。
    メトロノーム機能付きなので楽器の練習時には欠かせないアプリになること間違いなし。

  • ミュージックビデオ

    ミュージック・ビデオ(music video)は、主にポピュラー音楽の楽曲の発表に際して制作される、楽曲を含む映像作品。CDの販売促進が目的のため、日本ではプロモーション・ビデオ(promotion video)ともよばれる。プロモ、 PV(ピーブイ)と略すが、海外ではミュージック・ビデオ、ビデオ・クリップなどという呼び方が一般的である。
    出典:Wikipedia


    ボヘミアン・ラプソディ

    元々ミュージック・ビデオはビートルズが新曲をリリースする度に多くのテレビ番組に出演しなければならず、それが面倒くさくなったようで、演奏シーンとイメージ映像を組み合わせて制作したのが始まりだそうだ。

    プロモーションを目的とした初のミュージック・ビデオはクイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」。
    その「ボヘミアン・ラプソディ」のミュージックビデオは、アカペラ、バラード、オペラ、ロックの要素が入り交じった摩訶不思議な曲。オペラ調の部分では、暗闇でクイーンのメンバーの顔だけが浮かび上がり、歌うというなんとも印象的なパートがある。このシーン、多くのアーティストによりパロディ作品が制作され、YouTubeには一般の方のからもパロディ作品が投稿されている。

    プロモーションとしての初のミュージックビデオはその印象的な視覚的表現により、音楽ファンにとどまることなく、多くの一般大衆に「ボヘミアン・ラプソディ」という楽曲の認知に成功し、音楽に携わる人々にミュージック・ビデオの重要性を認識させることになったことは間違いない。

    クイーンHP


  • あとがき

    この記事を書くにあたって、ポップやロックの歴史を追いながら、現代の音楽の多様性を感じつつ、今後の音楽ビジネスはどういう方向に進んでいくんだろうと考えを巡らせてみた。

    先にも取り上げた、ストリーミングサイト、動画投稿サイトがどんどんユーザーを獲得していき、音楽の無料化が進んでいる。
    ミュージシャンからすると自分たちの楽曲を発表する場が増え、多くのユーザーとの接点を持てるのはとても貴重なこと。
    しかし、楽曲の多くが無料になってしまうとアーティストには思うほどのお金が落ちてこなくなる。
    完全な無料化はあってはならないと思う反面、ユーザーからしたら、もし無料で音楽が聞けるのであればその方がいい。
    とはいえ、ユーザーにも応援したいアーティストがいて、アーティストにいくらかの投資として、楽曲もしくはコンサートチケット、グッズにお金を払う。

    こういったアーティストとファンとのつながりが今後、アーティストが生き残っていく上では必要になってくるんだろうな~という漠然とした答えに辿り着いた。
    一音楽人として、今後も音楽業界の動きをウォッチせねば!

Next mockup

来月の自由研究は、新卒社員が"関係性の変化"をテーマにお送りします。
写真で表現しようと、毎日撮影して、アイデアを検討中!
新卒ならではの視点が、どういう制作物になるかご期待ください。
公開は2012年9月7日 12時頃予定です。

Back mocks

Works

Reports

クリエイティブデザイン部 ロゴ

このサイトは、ニフティ株式会社 クリエイティブデザイン部が運営しています。
「クリエイティブ」や「デザイン」というテーマで、月ごとにひとつのお題を決め、発信する、マガジンスタイルのウェブサイトです。 (毎月9日 12時前後に更新予定)

ページの先頭へ

Copyright(c) NIFTY 2012 All Rights Reserved.